事故によって

設計

全ての自動車に強制加入が義務付けらているのが自動車損害賠償責任保険(略して自賠責保険といいます)です。自動車を購入した際や車検を受けた際に自賠責保険料を支払っていることをご存知でしょうか。知らない間に入っていますので、入っていることに気づいていない人も多いかもしれません。これは強制加入です。またこの自賠責保険は交通事故の人身事故にだけしか対応していないことも意外と知られていないかもしれません。だから交通事故の物損事故の加害者になってしまい、事故の相手方から損害賠償請求を受けたとしても自賠責保険金は支払われないのです。もちろん、自分で交通事故を起こした際に自分の車に生じた損害や自分自身に生じた傷害に対しても自賠責保険は支払われません。そのために加入しておくのが任意保険です。通常自動車保険といえば任意保険のことを指すかもしれません。

交通事故の被害者になられた方に是非知っておいてもらいたい事があります。それは交通事故の損害額を定める基準として3つの基準があるということです。被害者からして一番下の基準で支払われるのが自賠責保険金です。そしてその次が任意保険会社が定めている基準となります。そして一番損害額を高く評価してくれるのが裁判所の基準となります。また人身事故の被害者の方には自賠責保険会社への被害者請求という制度も認められています。通常は加害者の任意保険会社が被害者の方に対人賠償責任保険金としてその被った損害額分を支払ってくれますが、争いがあるような場合でありますと、その支払いを拒否される場合もあります。そのような場合でも被害者の方は加害者の方が加入していた自賠責保険会社に対して、自賠責保険金の請求をすることができますので諦めずに請求することが肝心です。もちろんこのような場合は専門家である弁護士に相談すれば適切なサポートをしてくれると思いますので、まずはなにより弁護士に相談するのが一番だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加