会社を解散する

消防士

会社の解散手続き方法

会社設立をする事は未来に向かって新しいことが始まるのでワクワクする瞬間ですが、その逆に会社の解散をしなければならないことがあります。そのような場合にはまず、会社の解散登記をしなければなりません。会社の解散登記とは、商業登記法に基づく法的な手続きのことです。まずは、法務局に必要な書類を提出しなければなりません。法務局に提出が必要な書類は、商業登記法に記載されていますので、その必要な書類を用意すればよいでしょう。しかしながら、提出する書類には書式が決まっています。そのため、会社の解散登記の専門家である司法書士に任せてしまった方が得策です。自分たちで商業登記を行おうとすると大きな手間がかかってしまうのです。

司法書士に依頼した方が良い理由

会社の解散登記を始めとする商業登記は自分たちでも行うことができますが、司法書士に依頼する人が圧倒的に多いのです。それでは、どうして司法書士に依頼する人が多いのでしょうか。今回は、司法書士に依頼することが人気となっている理由を探ってみます。まずは、時間を節約することができるということがあります。司法書士は会社の解散登記のエキスパートです。ですから、スムーズに手続きを進めることができます。例えば、法務局に提出する書類に不備があると、その書類をもう一度提出しなければなりません。そのような手間が司法書士であればかからないのです。素人は商業登記の手続きをしようとすると、ミスが重なり何度も法務局に出向かなければいけないこともあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加