法律問題への発展

サイン

無過失の事故は保険会社が出られない

自動車を運行中、信号待ちで停車しているところに追突される交通事故が発生することがあります。また、駐車中に他車に当てられたという事故が発生することがあります。 この交通事故においては、自車は全く過失がありません。 しかし、それで相手が100%賠償してくれるから安心かというとそうなるとは限りません。中には誠意を見せず、賠償請求に応じないケースもあります。 そんな時に保険会社が示談交渉するからいいじゃないかという思われるかもしれません。しかし、自車が無過失を主張する場合、保険会社が示談交渉することは、弁護士法で禁じられている非弁行為に抵触する恐れがあるのです。 それでは、こんな場合はどうしたらいいのでしょうか。

自動車保険の弁護士費用補償特約

こんな時はに役に立つのが、自動車保険の弁護士費用補償特約です。 この特約は、自動車の交通事故において無過失の場合に、相手方が損害賠償請求に応じないなどで法律問題に発展した場合に、解決するための弁護士費用を補償するものなのです。 その補償の上限額は、300万円としている保険会社が多いです。 この特約があれば、無過失の場合でも、弁護士を立てて解決する手段を採ることができます。保険料も年間で2000円程度なのでおすすめです。 交通事故は自分が気をつけていても発生することがあります。そんな時に適切に解決できるように自動車保険の補償をしっかり確認することが大切です。事故によって一生取り返しのつかないということにならないようにしたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加